ワンネスサポート ブログ

月別アーカイブ: 2007年11月

虐待防止月間

2007年11月26日
11月は虐待防止月間だ。
子育て支援関係で、24時間の電話相談を実施していた。
毎年の行事なのだが、今年は特に
重い内容の相談が多いと思った。 日本中の団体で掛け持ちして
フリーコールの電話を受ける。 この前は
奈良からの転送だった。 電話だけだと、相手の様子がつかみにくい。
また
初めての電話であったり、
遠方だと、一度お越しください・・・なんていえないから
これまた難しい・・・。 奈良は奈良でどこかいい相談所があればいいんだけどと思う。
いや、きっとあるとは思う。 ただ、まだまだ広げられていないだけ・・・ 今年はNHKの取材が入った。
再放送もかねて11月中で二度放送された。 見ている人は見てるな・・・と思う。 その番組を見て
早速電話をしてきた24歳のママ。
何度か電話をしようと思ったけど、なかなかできずに
やっとかけることができた35歳のママ。時間は真夜中の2時過ぎだった・・・。 もっともっと
広げていかないと もっともっと
力を合わせていかないと・・・ 今日も
児童相談所に引き渡される家族がいた。
母親はアルコール中毒。
ネグレクト状態・・・。 幼い子供の命を失うのも、救うのも
私たち大人の役割だと思った・・・。

NLPトレーナーズトレーニングにて

2007年11月22日
今、私はトレーナーズトレーニングに参加している(何度も書いているね・・・) 毎日のように、
プレゼンテーションの発表・構成。
10分間のプレゼンに始まり
20分・30分・・・・と
一人でするものもあれば、パートナーとするもの
グループでするもの・・・と
こんなにプレゼンテーションとは形が様々なんだと
改めて思う。 そして
ただプレゼンをするだけではなく
内容はNLP. 人の心にしみる内容を求められる
いわゆる
グループセラピー効果だ。 今日もまた朝からプレゼンがあった。 そこで気づいたこと・・・。 今日はパートナーとともに30分のプレゼンをするという課題。 いくら表面上、打ち合わせが終わっていても
下調べが完璧であっても
いざ本番になると、どれだけ相手(コートレ) を信頼できるか。
そして
受講生を信頼できるか・・・にかかってくる。 人間は追い詰められればられるほど
自分がどう在るかが見えてくる・・・・・。 見ていてとても残念なことがおきた。 彼女は
普段からとても元気で大きな声で、明るくてはつらつとして
私から見てもとても魅力的な女性だった。
年上だけど、かわいらしさももちあわせ、
その上、セミナー開催もどんどんしてるすごい人。 その彼女が本番中、
コートレーを非難した。 彼女の「思い通り」にしなかったから・・・。
彼女の思い通りにしなかったパートナーを
受講生の前で、
違うでしょ!と・・・。 私は
どんなことにしても
「間違い」はないと思うんだ・・・。 その人なりのやり方があって
受講生なりの感じ方があるからね・・・。 とても残念な一面だった・・・。 相手を信頼する。
受講生を信頼する。
クライアントを信頼する。 カウンセラーでも
セラピストでも
トレーナーでも
どれほどの人が信頼できているんだろう・・・。 そして
私は、どれくらい、
自分を信じ、
相手を信じているのだろう・・・。 任せてみるってある意味、信じることだよね・・・と思った。 まだまだ長いぞ、トレーナーズトレーニング。

学びとは

2007年11月21日
今、私はNLPのトレーナーコースに参加している。 ここでは毎日、いろんな形で
自分に向き合い
そして
人にも向き合っている経験をしている。 カウンセリングや研修をしていると、
人に向きあうことは日常茶飯事なことなんだけど
ここではまた違った意味があって
ある意味すごいことだと思う。 人にはいろんな学びのプロセスがある。
いままで
学ぶ・・・ことについてここまで考えたことはなかったのかもしれない・・・。
とことん
前期の7月から「学び」に関して
扱ってきた。 人に何かを教えていく上で
学びに関して自分自身が理解しておかないといけない部分を
私なりに
理解し、体験できている時間だと思う。 決して
楽なことではない。 しかし
決して苦しいことでもない。 自分がどんなふうに位置づけをしていくか
何事も見方が変わり
気持ちも変わる
すると・・・
自分自身も変わっていく・・・。 それを私は
参加しているメンバーや、
愛情あふれるトレーナーのクリスや
そして
自分自身を通して
今、まさに 「学んでいる」 んだと思う。

到着

2007年11月17日
東京の宿に到着。
ここは麻布。
近くには有栖川記念公園や、各国大使館、領事館が立ち並ぶ閑静な
住宅街。 その一角にあるウィークリーマンションのようなところ。
し、しかし、なんだか夜は冷えるなぁ・・・。
昼間はあったかくて、コートなんかいらない気候だったのに
今はほんと、寒い・・・。
これから
仲間と夕食に行ってきます。 明日からのトレーナーズトレーニングの準備として
今晩は、ゆっくり休みます♪

2007年のメインイベント

2007年11月16日
明日から東京
2007年のメインイベント、NLP トレーナーズトレーニング。 今年は、この研修を受けるために在るような
そんな大きなイベントである。 クリスティーナ・ホール博士がアメリカから来日。
NLPの認定コースを開催するためには、このコースは必須である。 見事なまでに
計算しつくされた構成。 一つ一つが芸術のようなプログラム。 意識と無意識を考えつくして
彼女は言葉を発している。 英語の語りも *ネステッドループ。
それを翻訳する トランスレーターもネステッドループ。 何を言っているのか、頭で理解しようとしても無駄な事である。 全ては
潜在意識に向かって語りかけているのだから・・・。 私にもあんな語りができるようになるのだろうか。 聞き手の潜在意識を
どんどん揺り動かすような、*ミルトンモデル・・・ 前半のコースの時は
(頭で) 理解できない自分に焦りを感じていた。
8日間のコースの途中でやっと
この語りは、頭での理解ではないんだということに、ふと気がついた。 そのあとはずっとトランスに入って耳を傾ける・・・。 今度はどんな
自分に出会うのだろう・・・。 出来ない自分も、だめな自分も
恐れを持っている自分も全てがOKである。 そんな自分が大好きだ・・・。 *ネステッドループ    話を完結しないまま、次の話題へと進む話し方。それにより、潜在意識がどんどん動き出し、検     索を始める。 自身で出した結論は、深いレベルに刻み込まれる。 *ミルトンモデル     アメリカの天才的なセラピスト、ミルトン・エリクソンの独特な言語パターン。 ミルトンは、どんなクライアントにでも、その独特な話法により瞬時に深い信頼関係を築けたと言われている。              

アンガーマネジメントなど開講予定の 講座・セミナー