ワンネスサポート ブログ

月別アーカイブ: 2008年7月

リフレーミング

2008年7月22日
NLPのスキルに
リフレーミングという超便利で
誰でもどこでも使えるものがある。

私は
このリフレーミングが自由自在に使いこなせれば
「悩み」なんてなくなってしまう・・・・・と思っている。

事実
私がそうなのだ。
怒ったり、嫌な気分になることはかなり減った。


例えば。

人と待ち合わせをするとしよう・・・。
大阪の人と、名古屋駅で午前10時に打ち合わせがあり
名古屋駅の高島屋の駐車場で、
時間の前に待つ。

相手は来ない。

電話が鳴る。

「てらださん、もうしわけない。仕事が入ってしまってまだ大阪なんだ。
1時間くらい遅れるけど大丈夫かな・・・」 と。

ふつう
怒るよね。たぶん。
怒らないとしてもだよ、イラっとするよねむかっ
だって、待ち合わせの時間は10時でしょ・・・。

でもそこで
リフレーミング。
怒っている感情を選ぶのかダウン、瞬時に変換してわくわくするのか・・・アップ

感情は自ら選べるもの

この空いた1時間をどのように使うか・・・わくわくしてくる音譜
そうだ、久しぶりにデパートにいるのだから、買い物でもしよう。

(え、もしかしてよっほどひまなのか!って思われてる?
この日はそうかもしれない・・・。仕事は午後からだった・・・)

相手が遅れていらいらしながら待つ時間が
買い物のワクワクタイムになったのだ。

そして
再び、電話が鳴る。

「てらださーん、もーしわけない!  新幹線に乗り遅れてしまい
11時半くらいになってしまう・・・」  と。

さらに30分ということか・・・目

そしてまたまたリフレーミング

高島屋でお気に入りのカフェがあるので
そこで残りの時間、ゆっくり本でも読もう。 

いらいらするのかダウン
ゆったりするのか・・・アップ

その瞬間自ら選択できるのだ。

これはほんの一例。


会社の中でも
人間関係でも
嫌な事があったり 落ち込んだり
誰でもあるもの。

でも
ふと立ち止まって
リフレーミングしてみてみたら
自分の心は変化する。


普段から自由に使えるようになると
生きるのが楽になっていくよ~  グッド!

研修のお仕事

2008年7月19日
先週、今週と 研修続きだった。 先週の研修は 契約している企業の研修で、 参加者は7名。
新人達を育成していくこれからのリーダー達。 NLPをふんだんに使って 年齢層も若いので どんどん動かし、楽しんで終わる。 今回の研修は チームビルディング。 企業の中堅社員メンバーが リーダーになるための極意を学びに 参加。 ツワモノぞろいの16名。
チームビルディングでは 答えは提供しない。 プロセスは殆どない。 チームのアウトカムに向かって どんなふうに進めていくのかは 本人達次第。 メンバーによっては 進行状況はさまざま・・・。 なんじゃこりゃ・・・ってのもあるけど それはそれで 学びや気づきはあるはず。 でも 終わった時は 「10年来の友達のようになっている」んだよね・・・。 今回のアウトカムははそうだった。

必ず
アウトカムに対して
今の自分達の状態・状況をメタポジションで観察する。
うまく行っているところはどんどん伸ばし
うまく行っていないと感じる部分があれば
修正する。
*TOTE モデルである (test  目的に近づいているか、遠ざかっているか
 operate 行動の変容・柔軟性
 test  目的に対してのフィードバック
 exit   離脱            の繰り返し ) 

そこでまた生きてくるのか
『失敗はない、 あるのはフィードバックだけ 』

素敵な2日間の研修だった


終わっての言葉で
このチームビルディングの目的は、会社の中で起こりがちなセクショナリズムを超えること。
しかし、あなたたちはそれ以上に、企業の枠を超えて、それぞれが素晴らしいチームを形成
するためにフィードバックをし続けていけるような関係になって欲しい・・・と伝える。

どんどん拡がれ!
個を超えて・・・・。
規定の枠を超えて・・・・。


 
また逢いましょう♪ お互い、レベルアップしてねウッシッシ

出会い

2008年7月15日
私にとって
今年2008年に出会う年上の女性は
私の人生の中でのキーパーソンになると言う事を聞いた。

そして
また
とても素敵な女性に出会う。

笑顔が素敵な、そして
飾り気のないありのままの姿がとても魅力的な
女性だった。

話をすればするほど
私自身とのつながりが多いことに気づいた。

共通の知り合いが数名。
勤務先が縁の深い地域。
環境が似ている(ある意味)
そして
何よりも
考え方が
セラピーに対する考え方が似ていた。
人に対する接し方も似ていた・・・。


とてもとても
嬉しい出会いだ。


人は
1人では生きていけない

誰かと繋がっていないと
存在し得ないものである。

1人でやってきたと自負する人でさえ
よくよく考えてみると
誰かのサポートをもらっているものである。

素敵な人と
どんどん知り合いになり繋がって行きたい。
繋がって生きたい・・・。

タイムライン

2008年7月9日

久しぶりに、昔の友人に会った。
彼女と会ったのは、7年ぶりくらいかな・・・
かつて心理学を一緒に学び、セミナーを共に開催していた仲間だった。

お互い、ライフイベントや
私は名古屋・彼女は大阪と言う事もあり
なかなかゆっくり会う事はなかったけど、
メールや電話ではやりとりをしていた。

彼女のハツラツとしたエネルギーは
私の憧れでもあり
年齢が近くて
性格的にも似ている部分があって
仲良くなった人だった。


最近
いろんなことがうまくいかないんだと言う。
会社を経営しているのだけど
ご主人との関係や
部下との関係
その他色々  うまく行かなくて
行き詰ってしまい、わざわざ名古屋まで
私のセラピーを受けに来てくれたのだ。


すぐさま
タイムラインをすることを決めた。
直感で、彼女の以前のキラキラした輝いていた頃の自分自身を
思い出してもらえたら
今の彼女にとても効果があるのではと思ったのだ・・・。

まずは
今現在
今現在で、今の感情を感じてもらう。
どんどん出てくる・・・湧き上がるような感情・・・

そして
過去へ戻る
リソースを探しに・・・。

誰にもで
楽しかった思い出
輝いていた時代があったはず
その頃の自分へ戻って
その頃の自分にあって
今の自分が忘れてしまっているものを思い出してもらうのだ・・・。


彼女の表情がどんどん変化する
どんどん、
表情が明るくなり
笑顔が見えるようになってきた・・・。
そうそう。あなたには
そんな素晴らしいものがあるんだよ・・・・。


そして
未来へ・・・
どのように未来を創り上げていくのか
これも五感を使ってどんどんイメージを膨らます。

そして
いつのまにか
セッションは終了・・・。


私は個人的に
タイムラインは大好きだ。
不思議なパワーがあるんだって思ってしまう。
だって
あんなに、目の前の人の表情が変わっていくんだもの

今日も1日
誰かのために何かをできたことに
感謝。

ありがとう♪

メール

2008年7月8日
あるクライアントさんからメールをもらう。
彼女とはかれこれ
3年くらいのお付き合いになるのかな・・・。

当初、状態はあまり良いとは言えず
入退院を繰り返していたころだったと思う。

ひどい
摂食障害で
彼女との出会いは
拒食で35キロくらいまで落ち入院
やっと40キロで退院して・・・の頃だった。

何度か何度かセッションをする。
催眠のセッション
対面でのカウンセリング
何度もあきらめかけた彼女に
私も何度も声をかける
それでも、信じてついてきてくれた・・・。


その後彼女は
セラピストになろうと勉強を始める。

その彼女からのメールだった。

「今は、自分と同じ状況の悩みを抱えている人のお話を聴くようになって
自分自身がどんどん変わっていくのがわかります」

もう大丈夫。
意識が外に向き始めた。
4te* の状態。
*NLPのストラテジー (4タップルエクスターナリー)


あなたにしか分からない事がある。
あの苦しい体験をした、あなただから
分かる苦しみがある・・・

そして
そんな人々を求めてさまよっている人々もいる。 何一つ
無駄な苦しみはないんだ・・・と
私は痛感しています。


アンガーマネジメントなど開講予定の 講座・セミナー