ワンネスサポート ブログ

月別アーカイブ: 2010年5月

歪曲

2010年5月31日
人は
聴いた言葉や
出来事を
自分なりに解釈して記憶をする。

そこには
どうしても
歪曲が起こる。


自分の感情を出来事にくっつけて記憶をし
時間の経過とともに
更に歪曲されていく。


ある、ほんのちょっとした不快な出来事が
不快な感情とともに
雪だるまのように大きく膨らんでいく


それを相手に
言葉にしたときには
事実とずいぶんずれてしまっていることも
多々ある。


事実と真実は異なるのである。


そもそも
事実ってなんだろう・・・・


出来事を
その人なりに受け取ったことが その人にとっての事実になる。

そこには
ヒトとヒトとのズレが生じる。

受け取った人の
過去の経験や、成育歴、感情によって
事実が異なるのである・・・・


一つの出来事を
特に自分にとって 好ましくない出来事を
人から耳にした場合に
その事実関係を
出来るだけ客観的に捉える事が重要である。

でないと
その伝えた人の歪曲された(そこには悪意はないとしても)
解釈で伝えられる・・・・



人間関係のトラブルは
まさにここから起こる。


誰かがこう言っていた
そう聞いた・・・と
それで
感情が動くことがある。



よく映画で例えたりする
映画の評判

その映画が面白かったか
面白くなかったか・・・

誰かが 「面白くなかった・・・」と言ったとしても
別の人が見たら、「面白かった」かもしれない

だって
感性がみな違うから・・・

だから
その映画が面白いのかどうかは
実際に 自分が観ることなのだ。

そして
自分の感覚で、
面白かったか、そうでなかったかを
感じることなのだ。




その人のことを
いくら信用しているとしても
そのまま鵜呑みにしては
いけないのかもしれない・・・



真実は
自分の目で確かめること

真実は
自分の耳で確かめること

真実は
自分の感覚なのである・・・。




運動会

先週の土曜日
小学校の運動会があった。

この時期に開催される運動会には
やはり違和感を覚える・・・

秋晴れの中の運動会がいいんだけどね~


今年は PTA役員をしているため
PTAジャンパーをはおって活動に専念。
写真撮影に精を出す。

かつて
むか~しむか~し
私は、写真部に所属していたこともあり
自分で撮影・現像もやってた。

一眼レフを片手に、インターハイの時の写真撮影をして
中日新聞社にも足を運んだ・・・。

懐かしい・・・。


今の私のカメラは
普通のデジカメ・・・
ちょっと物足りなさはあるけれど
便利だもんね~

今更、フィルムのカメラなんて使えない・・・


そんな中で撮った
一位の瞬間。
自身が自信になる瞬間・・・♪ よく頑張りました音譜

時間の確保・・・・

2010年5月28日
私の今の大きな課題は
「時間の確保」である。


ものすご~く忙しいわけではないと思う。
だってこの時間にこうしてブログを書いてもいられるから・・・べーっだ!
もともと
時間は 「創り出すものだ!」という信念のもと
動いてきたから・・・・

なんていうかね

ちょっと疲れているんだよね、最近特に。

考えてみると
昔、狂ったように行っていたスキューバ・・・
今は全然行ってない。

一人で朝4時起きで行ったよな~
大瀬。

グレートバリアリーフにも。
ずっと船で滞在して、ずっと潜っていた。

朝起きてすぐ潜り

甲板で休んでまた潜り

夕暮れとともに潜り

夜は夜でナイトダイブ。


海はもともとあんまり好きじゃないけど
潜る時は別。

20メートルや30メートルの深さまで潜ると
そこは別世界


気持ちいいんだ~これが。
自身が自信になる瞬間・・・♪


ふと見上げると
キラキラした太陽の光が水面に映って
その水面と
自分の間を
魚が泳いでいく~


私は
魚たちよりも
深い位置にいる・・・

あの
無重力状態が
なんとも心地よくて・・・

忘れられないねラブラブ
自身が自信になる瞬間・・・♪ 自身が自信になる瞬間・・・♪

かつての目標

2010年5月19日

その資格を勉強し
そちらの方向に進みたいと思った時

目標にしているものがあった

目標にしているヒトがいた

目標にしている場所があった



資格を取得後
無我夢中に進んできて


ふと気付くと
その場所に自分がいることに気づく

思い返せば決っして楽な道ではなかった




この間
「寺田さん、すごいですね~♪
ほんと尊敬します!」と  

ある女性から言われて
(自分では全然すごいなんて思っていないけど)


はっと気付いた

その場所に来ているんだ・・・・と

かつて
自分が目指していた場所に
今 自分が来ているんだ・・・・と

不思議な感じがした


必死に上だけ見て進んできた
でも
立ち止まって振り返ると
自分自身の軌跡がある・・・

感慨無量


私のモットーである
一歩一歩を継続していった結果なのである

自分の目の前の課題を
一生懸命
やり遂げてきた結果なのである ただ
それだけなのである・・・・ そしてまた

それでも

目の前には
まだまだ

進むべき道がある

登るべき山がある

超えるべき壁がある



ちょっと嬉しい気持ちになった





強烈な人々

2010年5月17日
最近
強烈な人々が増えてきたような・・・・


でもって
今日のクライアントさんも
またまた強烈だった(ごめんね、こんな表現で・・・ショック!

その方は
テレビ依存症?

一生かかっても見きれないほどの
録画を溜め込んでいる。

見たいテレビを録画するせいで
時間は守れない
出発時間も
必ず遅れる。

見たいテレビを録画するために
夜も寝られない

そう
録画なのだ


必ずしも
「観る」 わけではない


観るわけでもないけれど
録画しないではいられないのだ


もちろん
観ることもある。

本人いわく
ヒトが10だとしたら 自分は80くらいのスピートで
録画したテレビを消化していかないと
おっつかない・・・

だから
目の前に3つ テレビを置いて
3つ同時に観るのだそうだ・・・。

観たい番組も山ほどある叫び
BSにWOWWOW スターキャット
最近また新しいのを登録したそうで・・・


だから
レコーダーが何台あるやら・・・


そしてまた
新しくレコーダーを
購入をするのだという

録画しきれなくなったら
また
新しいのを買っていくのだという

どんどん増えていくのだ
永遠に・・・・

あれもこれも録画をし
それを観るのに時間がかかり

観きれないから時間を削り
睡眠時間もなくなり
布団で寝ることもなく

そして
撮りきれないから
新しいレコーダーを
購入していく

新しいレコーダーを購入すれば
観る時間も減るし
削除したり
録画したりする時間も削れるから
時間を作り出せるのだという・・・(本人の持論)

「ぼく、どこか変ですか?」

「誰にも迷惑かけていませんよ」



叫び叫び叫び




そんな夫の姿をなんとかしようと
妻が必死にカウンセリングへ連れてくる




本人に
問題意識がないと
変容していくのは
困難である・・・・







アンガーマネジメントなど開講予定の 講座・セミナー