ワンネスサポート ブログ

うそをつく友達

2011年5月28日
私には小学3年生になる娘がいる。

最近はいろんなことを、普通(以上)話し、親である私が
言いこめられる・・・・


そりゃ、そうだ、まったくだ!
ママが悪いわなぁ・・・・と 思ってしまうことも時々・・・

自分が悪い時は素直に謝罪します・・・しょぼん




娘のお友達が
何やら最近 いろんなことを言ってくるらしい

「〇〇は今まで 5回名前変えたんだよ」 ← さすがに5回は変えんだろ・・・

「〇〇は 今度新しいおうちを買ったので引っ越すんだ」 ← いいなぁ・・・最近憧れの一軒家

「〇〇は ××に行ったことがあるんだよ」 ← そこに行くには、休みが足りなくね?

「〇〇は今、芸能プロダクションに所属していて、将来歌手になるんだよ」←今のうちにサインもらっちゃう?


などなど

問題なのは子供自身

さすがに
そんなん、嘘だろうから相手にするな!なんていう訳にもいかない

そこで、引っ越すという内容に関して

私 「そういわれてどう思ったの?」

娘 「引っ越しちゃうなんて、ほんと?寂しいなぁって思ったよ。
でもその子のお母さんに聞いたら違うって言われたの・・・。
うそだったみたい・・・」

私 「そうなんだ・・・。仮に嘘だとして、どうして〇〇ちゃんは嘘をつくんだと思う?」

娘 「ん~、引っ越しちゃうの?寂しいな~って言ってほしいんだと思う」

私 「そうか、寂しいな~って言って欲しいのって、どんな理由があるんだと思う?」

娘 「ん~、いろいろかまってほしいのかな・・・?」

私 「じゃあ、かまってほしいと思っている〇〇ちゃんに、あなたはどう接するかな?」

娘 「そうなんだ~。 引っ越しちゃうのは寂しいな。行かないでほしいな・・・ていう」

私 「そうだね、頭ごなしに うそでしょ!なんていうと〇〇ちゃん きっといやな気持になるよね。
どうして彼女がそう言ってしまうのかを あなたなりに感じてあげてほしいなと ママは思うよ」


娘 「は~い」


んんんん
8歳になると、ここまで会話ができるようになる。

子供ってホント面白い!

素直にぐんぐん伸びてほしい。





アンガーマネジメントなど開講予定の 講座・セミナー